カードローンで借りるのは本当に簡単?

銀行での借入では利用する機会がますます増えているのが、カードローンやフリーローンなどお金の使いみちを自由に決められるものではないでしょうか。

 

少ない書類で気軽に申し込みをすることができ、申し込みの条件も少ないカードローンが多いですね。年齢条件と保証会社の保証を受けられること、という条件のみになっていることも多いです。

 

どなたでも申し込みがしやすく借入がしやすいというイメージがある銀行カードローンです。使い方を自分で決められることで、様々な用途に対応することができますね。

 

確かに申し込みへのハードルが低いと感じることが多いカードローンですが、審査によって借りられないケースも当然あります。

 

審査に通らない場合には収入が低すぎるのでは?と考えることが多いのですが、審査の過程などは残念ながらわかりません。否決になってしまっても、その理由を知ることはできないのです。

 

しかし、カードローンは通常銀行と保証会社の双方が審査を行うこと、さらにスコアシステムによって審査を行うことは分かっています。銀行と保証会社の両方の審査に可決にならなければ借入できません。

 

スコアシステムは、申し込み者の属性などを得点化することで審査を行うものです。何か一つだけ突出して良い点があっても、点数を下げる事項があれば審査が否決になる可能性もあるということです。

 

否決理由に多いのは、過去の延滞履歴です。延滞履歴が残っていると申し込みをしても審査に通らないことが多いのです。本人ならば延滞履歴などを残す個人信用情報機関に履歴を照会することもできます。

 

過去の延滞履歴が気になる方、何度か審査を申し込んだのに可決にならなかった方などは履歴を照会してみましょう。